FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
07.09

不全断裂

Category: 弓道
右肘の痛みに耐えられずに病院へ。上腕三頭筋の付け根の不全断裂(肉離れ)と診断された。MRI画像を見せられ、『部分断裂を繰り返して、本来黒く映るはずの筋肉が真っ白になっている。治したければ3カ月間弓を引くな!』と言われた。これだけの痛みがあるから肉離れだろうと予想はしていたが、引くなと言われるとは思っていなかった。

8月には国体のブロック予選がある。もうマウスを動かすだけでも痛みが出る。今日は近的で8射4中、遠的で20点を出してしまった。どうしたものか...。

近的
2/4 2/4 4/4 3/4
計11/16(68.75%)

遠的
10 7 9 9/35
9 5 9 7/30
9 3 7 9/28
3 5 5 7/20
9 9 7/終

スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2018
06.11

真の狙いとは?

Category: 弓道
遠的で
①7点の下のラインを左手の拳で割り、矢を耳たぶの同じ位置のつけ、それを矢が飛んでいくべき基準の線とする
②その基準となる線上にイメージ矢筋を作っていく
に最近変えた。遠的でもいろんなことを試してきたが、もう」これでいいのかなって思えるようになってきた。近的と同じで、そもそも狙う必要などないのかもしれない。ただ矢筋をイメージすればいいだけではないのか?後は離れでその矢筋を乱さないようにすればいいだけなのかもしれない。

近的の練習中に2本抜いた。いつも矢筋をイメージするだけで狙いをつけないのだが、その時は『中てなきゃ!!』という気持ちが強くなり、矢筋のイメージが弱くなっていた。『ああ、自分はこんな時に抜きやすいよな!』って妙に納得させられた2本だった。本当に大切なのはイメージした矢筋だ。ということはその元となる『会で収まった時の矢の傾き』が大切だということになるのだろうか?
結局、真の狙いとは『会での矢の傾き』なのだろうか?

Comment:0  Trackback:0
2018
05.08

京都大会

Category: 弓道
5月3日の京都大会に参加した。予選を通過して決勝に進んだが、決勝の1本目で抜いてしまった。試合の後、『こんな遠くまで来て尺的で外してしまうなんて...、いったい何をやっているのだろうか?』と考えると言葉が出てこなかった。やってはいけない失敗をあの大事な試合でやってしまったのだ。ただただ自分のダメさ加減に嫌気がさした。

いつまでも後悔していても仕方ないので失敗した原因を自分なりに考えてみた。

①そんな調子は良くなかった(尺的を外すほどなのかは分らないが)
②少々失敗した位では尺的なら外れないとういう奢りがあった
③まだまだ技術が未熟(尺的を100%外さないレベルになっていない)

しっかり反省して次に活かせよう!今回の失敗をプラスへ繋げていかなければ先などない。京都まで行って外してきた意味がなくなる。失敗したからこそ得るものがあるはずだ。

Comment:9  Trackback:0
2018
03.27

都城弓まつり全国弓道大会

Category: 弓道
宮崎県都城市で開催された『都城弓まつり全国弓道大会』に参加した。予選で皆中したが、決勝の1本目で簡単に抜いてしまった。今回は精神的にもかなりいい状態で、八寸でも外さないような気がしていたが、いきなり1本目で外してしまった。的に接するようにスッと...。しかし、外れは外れ。これが今の自分の実力。大会の決勝では八寸で外したら終わりなのだ。それがわかっているのに、こうやって簡単に抜いてしまう。やはり八寸的中率が8割ちょっとじゃ全然足りないということなのだ。というか...、まだまだ低すぎるのだ。これ位の的中率では決勝で勝ち抜くことが出来ない。先ずは『95%の八寸的中率』までもっていかないと『日本一』になることも『八寸での百射皆中』も達成することは出来ない。自分の中では、95%の的中率=30本引いて1本外す=30本引いてもほぼ外さないである。それが出来るようになるために、今の自分に何が足りなくて、また、何が必要なのかを見つけていくしかない。見つけたその先に『日本一』と『八寸での百射皆中』が待っているのと信じて...。

今の自分はまだまだ。というか...、全然だと思う。

Comment:3  Trackback:0
2018
03.14

どんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

Category: 弓道
いろんな事を試し、人が引くのを良く観察し、『やっぱりそうだよな』って強く思うのは
『見るべきは的ではなくイメージした矢筋』
『手先の力&外に向かう力を離れに関わらせない』
の2つである。
こんな事を考える人間が自分の他にいるのだろうか?籐で狙いをつけ、角見で的へ押していく(外に向かう力)のが普通なのだから、そんなにはいないのだろう。的中率の高い人はどんな事を考えどんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

★尺二★
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
計19/20(95%)
★八寸★
4/4 3/4 4/4 4/4
計15/16(93.75%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手の薬指と小指&右手の薬指と小指でイメージ矢筋を左右対称に作っていく
② 引分けではイメージ矢筋を作りながら右手親指の爪で矢を籐に押さえるイメージ
③ 両手の薬指と小指で左右対称に伸び合い、また伸びあうことで反対にイメージ矢筋が近づいてくるようなイメージをもつ
③ イメージ矢筋を自分に近づけながら離れを出す

Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。