--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.22

八寸50射 2015/07/21

久しぶりの八寸的。時間がなかったので半分の50射。
矢筋通りに送り出すことを考えながら引いた。かなりいい感じだったが9割の壁は超えられなかった。

会での矢筋を矢筋通りに送り出せることが出来たら八寸的でも外れないのだと感じられるようになってきた。簡単なことのような気がするがこれが一番難しい。

★八寸★
4/4 4/4 4/4 3/4 2/4
3/4 4/4 3/4 4/4 2/4
4/4 6/6
計43/50(86%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

1.大三で中指・薬指・小指で的を体の中心へ引き寄せ、弓手肘を締めていく。
2.引分けでは弓手の肘から矢筋を引き抜くように伸び続ける(弓返りが終わるまで)
3.完成した狙いのイメージを肩~肘の間の下筋で保持するイメージで決して手先の力を使わない→人差し指を締めで胸弦&頬付けをぴったり→弓手肘から矢筋を引き抜くように伸び続ける→弓返りが始まってから終わるまで最小限の隙間の中で弓返りさせ、その弓返りの前後で作った隙間の誤差が限りなくゼロになるような手の内のイメージをしっかりと作ってから離れに至る


スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2015
01.04

100射(八寸的)2015/1/3

2回目の100射チャレンジ。今日は80中だった。しかし...八寸的ってなんでこんなに難しいんだろう?ちょっとミスしただけで簡単に外してしまう。尺的と違い失敗しても中たるということがない。
後半になって上手く矢筋に飛ばせる時とミスした時の違いをなんとなくだが感じられるようになってきた。もしかしたら『外す理由』を説明出来るようになる日が来るかもしれない。

3/4 3/4 4/4 2/4 3/4
4/4 3/4 2/4 3/4 4/4
4/4 1/4 3/4 2/4 4/4
4/4 3/4 3/4 4/4 2/4
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
計80/100(80%)

今日試してみたこと

1.下筋と連動させた弓手の薬指と小指で弓を保持しその2本を使って三重十文字と平行な矢筋を作る(的心へ刺したピンと平行にピンを挿すような感じ)

2.弓手の人差し指の締めで胸弦&頬付けをぴったりとつける

3.矢が矢筋通りに飛び出すイメージをしっかりと持ってから離れ

Comment:0  Trackback:0
2014
12.26

100射(八寸的)2014/12/23

八寸的での初めての100射チャレンジ。80中はいくだろうと思っていたが甘すぎた。結果は78中。先は長い。というか...長すぎる。

5/6 4/6 5/6 4/6 5/6
4/6 4/6 5/6 5/6 3/6
4/6 5/6 6/6 3/6 6/6
6/6 4/4
計78/100(78%)

的中率upのための何かを見つけなければ9割台の的中率にはならないだろう。『八寸的でほぼ6射皆中できる!』というレベルになるためには何が必要なのか?今日の100射チャレンジでいろいろ試しながら引いた。そして欠点をふたつ見つけた。矢筋に飛ばせてはいるがまだその精度が低いということ。そして、離れでブレを抑えられない時があること。まあ、離れと言うより弓返りでのブレなのだが…

今日試してみたこと

1.下筋と連動させた弓手の薬指と小指で弓を保持しその2本を使って三重十文字と平行な矢筋を作る(的心へ刺したピンと平行にピンを挿すような感じ)

2.弓手の人差し指の締めと矢筋の伸び合いをひとつにしてほぼブレのない離れを作る

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。