--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.31

百射皆中のための…的を呼び込む

★尺二★
4/4(100%)
★八寸★
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
4/4 4/4 3/4 4/4 4/4
計38/40(95%)

体の中心から外側に向かう力で、手先を使って伸び合いや離れを行うと、矢所は悪くなる。 これは絶対に間違いない!!何故なのかは書かないが、外へ向かう力というのは、失敗に弱い。だから高的中を維持するためには、手先で外側に向かう力を使ってはならない。 角見を使った的への伸び合いとか、離れでの的への押し込みが、手先を使った外へ向かう力になるが、この力はあるレベルまではプラスに働くが、常に9割以上の的中率を出す人には、マイナスに働いてしまう。毎回、1ミリのずれもなく離れを出すことが出来る人がいれば、外へ向かう力も有効なのかもしれないが、まあ、そんな人はいないだろう。人は必ず失敗するものだ。では、力は全く必要ないのか?ということになるが、そんなことはない。三重十文字に縦伸びが必要なように、的への伸び合いのような力はやはり必要になる。ある一定の力が常に働いているから、狙いも矢の送り出しも安定する。その安定のために的の呼び込みが必要なのだ。この的の呼びこみを使えば、的へ伸び合わなくても、的が自分に近づいてきてくれるから、相対的に的へ伸び合っていることになり、狙いが安定する。そして、この呼び込む力は内側に向かっているから、離れでブレにくいし、矢所が安定する。では、とうやって的を呼び込むのか?であるが、この感覚を言葉で説明するのは難しい。多分伝わらないと思うが...、弓を持っている左手の内をただ『ぐっ!』と引き寄せるのではない。そんな単純なことではない。弓をしっかりと左手の内で受け、各所を詰め合い、そこから、その場というか、空間を引き寄せせてくる。矢が飛んでいくであろうイメージ矢筋も、的も、その空間にある自分以外の物全てを自分に近づけてくる。これが的を呼び込むということだと思う。中でもイメージした矢筋を呼び込む感覚が凄く大切になる。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
03.29

第29回都城弓まつり全国弓道大会

Category: 弓道
結果は...決勝の2本目で抜いてしまい今年もダメでした。
自分はまだまだなんだと思い知らされた。

先は長い…本当に長い。

もう尺的では外す気がしなくなってきている。前に比べて更に矢をコントロール出来るようになった。八寸での的中率も85%位はあるのかもしれない。しかし…それは15%の確率で外してしまうということだ。そしてこの外すという『現実』からは逃れられない。前日の八寸での練習では20/20だったが、本番では大事な1本を簡単に抜いてしまった。やはり八寸での的中率が95%超えないうちは試合では勝てないだろう。先は本当に長い…。というか、そんな日は来るのだろうか?

最近、会で的を近づけてくるというか、的を呼び込めるようになってきた。多分…この呼び込むという感覚は的中においても凄く重要なことで、これが完全にモノに出来れば、八寸でもほとんど外さなくなる!!ような気がしてならない。それほどこの呼び込むという感覚は矢所を安定させられる。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。