--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.18

久しぶりに外す!

Category: 弓道
前回がいつだったのか、はっきりと覚えていないが、久しぶりに尺的を外した。10日位なのだろうか…本数は付けていないが、1日30本引いたとして300本位は外していなかったのだろう。それでも…まだ八寸的は普通に外してしまう。本当に先は長い。

的に中らないのは離れが原因であり、矢が集まらないのは、弓返りの時に回転軸である天文筋がぶれるからである。回転軸(天文筋)がぶれることなくその線上で弓を転がすことができれば矢所が乱れることはまずない。だから指2本以上も落ちるような弓返りでは、高的中率は望めない。打ち切り、残心で弓が的方向へ極端に傾く、離れで極端に下に切る等の方法で高的中を出している学生がいるが、彼等は天文筋を動かさない。または天文筋を上下だけに動かすことで天文筋の左右のぶれをゼロにしようとしているのだと思う。

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

大三で人差し指を軸に尺骨を締めることで天文筋にトルクをかけ、芯の通ったしっかりとした天文筋を作り、手先で弓を握るのではなく天文筋で弓を掴んでしっかりと保持する。引分けでは、ただ矢筋をイメージするのでなく、生きた伸合いのある矢筋を天文筋を基準にイメージする。弓手も勝手もイメージ矢筋を完成させる方向に押し開いていくだけ。イメージが完成したら自然と会になる。

離れで重要なこと

1 きっかけを三重十文字上で作ること。体の動かない部分で、より体の中心に近いところで出さなければ矢所は乱れる。

2 的を引き寄せてくるというか…天文筋&イメージ矢筋、的…その空間にある全ての物を近づけてくる。

3 離れは離れてから矢が飛び出して弦が返り弓返りが止まるところまでをしっかりとイメージすること。 離れて終わりではない。
スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。