FC2ブログ
2018
03.27

都城弓まつり全国弓道大会

Category: 弓道
宮崎県都城市で開催された『都城弓まつり全国弓道大会』に参加した。予選で皆中したが、決勝の1本目で簡単に抜いてしまった。今回は精神的にもかなりいい状態で、八寸でも外さないような気がしていたが、いきなり1本目で外してしまった。的に接するようにスッと...。しかし、外れは外れ。これが今の自分の実力。大会の決勝では八寸で外したら終わりなのだ。それがわかっているのに、こうやって簡単に抜いてしまう。やはり八寸的中率が8割ちょっとじゃ全然足りないということなのだ。というか...、まだまだ低すぎるのだ。これ位の的中率では決勝で勝ち抜くことが出来ない。先ずは『95%の八寸的中率』までもっていかないと『日本一』になることも『八寸での百射皆中』も達成することは出来ない。自分の中では、95%の的中率=30本引いて1本外す=30本引いてもほぼ外さないである。それが出来るようになるために、今の自分に何が足りなくて、また、何が必要なのかを見つけていくしかない。見つけたその先に『日本一』と『八寸での百射皆中』が待っているのと信じて...。

今の自分はまだまだ。というか...、全然だと思う。

Comment:3  Trackback:0
2018
03.14

どんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

Category: 弓道
いろんな事を試し、人が引くのを良く観察し、『やっぱりそうだよな』って強く思うのは
『見るべきは的ではなくイメージした矢筋』
『手先の力&外に向かう力を離れに関わらせない』
の2つである。
こんな事を考える人間が自分の他にいるのだろうか?籐で狙いをつけ、角見で的へ押していく(外に向かう力)のが普通なのだから、そんなにはいないのだろう。的中率の高い人はどんな事を考えどんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

★尺二★
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
計19/20(95%)
★八寸★
4/4 3/4 4/4 4/4
計15/16(93.75%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手の薬指と小指&右手の薬指と小指でイメージ矢筋を左右対称に作っていく
② 引分けではイメージ矢筋を作りながら右手親指の爪で矢を籐に押さえるイメージ
③ 両手の薬指と小指で左右対称に伸び合い、また伸びあうことで反対にイメージ矢筋が近づいてくるようなイメージをもつ
③ イメージ矢筋を自分に近づけながら離れを出す

Comment:2  Trackback:0
back-to-top