2018
03.14

どんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

Category: 弓道
いろんな事を試し、人が引くのを良く観察し、『やっぱりそうだよな』って強く思うのは
『見るべきは的ではなくイメージした矢筋』
『手先の力&外に向かう力を離れに関わらせない』
の2つである。
こんな事を考える人間が自分の他にいるのだろうか?籐で狙いをつけ、角見で的へ押していく(外に向かう力)のが普通なのだから、そんなにはいないのだろう。的中率の高い人はどんな事を考えどんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

★尺二★
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
計19/20(95%)
★八寸★
4/4 3/4 4/4 4/4
計15/16(93.75%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手の薬指と小指&右手の薬指と小指でイメージ矢筋を左右対称に作っていく
② 引分けではイメージ矢筋を作りながら右手親指の爪で矢を籐に押さえるイメージ
③ 両手の薬指と小指で左右対称に伸び合い、また伸びあうことで反対にイメージ矢筋が近づいてくるようなイメージをもつ
③ イメージ矢筋を自分に近づけながら離れを出す

Comment:2  Trackback:0
back-to-top