2014
06.20

中押しの手の内を作る その2

Category: 弓道
中押しの手の内になるように弓構えで握り革にしっかりと綿所を当てる。打起こしから綿所を当てたまま大三へ送り込む。大三から角見でなく綿所で押していく。そして離れ。慣れないからか違和感があるがかなりいい感じだ。無理なく中押しの会に入り、離れでも手首が上に折れることなく下筋を効かせられる。こんな離れをしたいという離れを今出せてるのような気がする。しかし・・・違和感がありまくりなので兎に角数を引いて慣れることにする。
18/20 20/20 16/20
前と同じ位は中るようだ。
上手く説明できないがこの手の内で中りを出すためには離れ(弓返り)での中指の使い方が重要な気がする。いろいろ試してみよう。
トラックバックURL
http://100kaichu.blog.fc2.com/tb.php/39-c9446bf6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top