--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.22

八寸50射 2015/07/21

久しぶりの八寸的。時間がなかったので半分の50射。
矢筋通りに送り出すことを考えながら引いた。かなりいい感じだったが9割の壁は超えられなかった。

会での矢筋を矢筋通りに送り出せることが出来たら八寸的でも外れないのだと感じられるようになってきた。簡単なことのような気がするがこれが一番難しい。

★八寸★
4/4 4/4 4/4 3/4 2/4
3/4 4/4 3/4 4/4 2/4
4/4 6/6
計43/50(86%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

1.大三で中指・薬指・小指で的を体の中心へ引き寄せ、弓手肘を締めていく。
2.引分けでは弓手の肘から矢筋を引き抜くように伸び続ける(弓返りが終わるまで)
3.完成した狙いのイメージを肩~肘の間の下筋で保持するイメージで決して手先の力を使わない→人差し指を締めで胸弦&頬付けをぴったり→弓手肘から矢筋を引き抜くように伸び続ける→弓返りが始まってから終わるまで最小限の隙間の中で弓返りさせ、その弓返りの前後で作った隙間の誤差が限りなくゼロになるような手の内のイメージをしっかりと作ってから離れに至る


トラックバックURL
http://100kaichu.blog.fc2.com/tb.php/74-51a3ad7d
トラックバック
コメント
立派ですね。
百射皆中したんですね。

失射しなければ、尺二も八寸も同じですね。
的付けの狂いと云うのは、せいぜい1寸か2寸でしょ。
会での矢筋通りに矢が放たれれば、6寸でも8寸でも皆中するでしょう。
アーチャーdot 2015.07.22 01:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。