FC2ブログ
2018
03.14

どんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

Category: 弓道
いろんな事を試し、人が引くのを良く観察し、『やっぱりそうだよな』って強く思うのは
『見るべきは的ではなくイメージした矢筋』
『手先の力&外に向かう力を離れに関わらせない』
の2つである。
こんな事を考える人間が自分の他にいるのだろうか?籐で狙いをつけ、角見で的へ押していく(外に向かう力)のが普通なのだから、そんなにはいないのだろう。的中率の高い人はどんな事を考えどんな事をイメージしながら引いているのだろうか?

★尺二★
4/4 3/4 4/4 4/4 4/4
計19/20(95%)
★八寸★
4/4 3/4 4/4 4/4
計15/16(93.75%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手の薬指と小指&右手の薬指と小指でイメージ矢筋を左右対称に作っていく
② 引分けではイメージ矢筋を作りながら右手親指の爪で矢を籐に押さえるイメージ
③ 両手の薬指と小指で左右対称に伸び合い、また伸びあうことで反対にイメージ矢筋が近づいてくるようなイメージをもつ
③ イメージ矢筋を自分に近づけながら離れを出す

Comment:2  Trackback:0
2018
02.28

そろそろ

Category: 弓道
12月からいろんなことを試してみた。そして...、滅茶苦茶外しまくった。軽く1年分位は外したのかもしれない。そこまでやってみたが、八寸的を外さなくなるような新しい気づきは見つけられなかった。
そろそろオフシーズンも終わるので、自分の射に戻すことにする。

最近、『的を近づけてくる』から『イメージ矢筋を近づけながら離れを出す』にかえている。やっと違和感がなくなってきたレベル。もう少し試してみよう。

★遠的★
5 7 9 7 /28
9 9 9 5 /32
7 5 10 7 /29
9 9 10 9 /37

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手の薬指と小指&右手の薬指と小指でイメージ矢筋を左右対称に作っていく
② 引分けではイメージ矢筋を作りながら右手親指の爪で矢を籐に押さえるイメージ
③ 両手の薬指と小指で左右対称に伸び合い、また伸びあうことで反対にイメージ矢筋が近づいてくるようなイメージをもつ
③ イメージ矢筋を自分に近づけながら離れを出す

Comment:0  Trackback:0
2017
12.16

久しぶりの1人100射会

今までやってきたことに限界を感じて、最近、新しいことにチャレンジしている。安定するような気がするので、試しに1人100射会をやった。結果は98中だった。全部通せると思ったが、そんなに甘くはなかった。78本目と80本目を抜いてしまった。

★尺二★
98/100(98%)

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

① 左手伸筋を使ってイメージ矢筋の着矢点にトルクをかける
② 右手親指の爪で矢を籐に押さえながら、イメージ矢筋の着矢点から、薬指と小指の2指で引き抜いていくような矢筋を作っていく。
③ ①と②の力で矢筋を安定させたら、イメージ矢筋と三重十文字と同化させる

Comment:0  Trackback:0
2017
12.10

弓道シーズン終了

Category: 弓道   Tags:百射皆中
 2017年の弓道シーズンが終了した。次の試合までの2ヶ月間は何もない。これでやっと一息つける。2017年はいろんな事があった。そして、とにかく忙しかった。5月の京都大会に始まり、都道府県対抗、国体、遠的大会、地方大会やその他の大会、そして審査と、息つく暇もなかった。道具面でも、弓をかえ、かけをかえ、そして、竹弓でも2ヶ月ほど引き、慣れるのに苦労した。道具に慣れるための矢数をかけるばかりの練習で、的中の精度を上げる練習はほとんどできなかった。八寸的でじっくり練習できたのは、京都大会の前だけだったと思う。

 次の試合までの2ヶ月間はいろいろと試してみたいと思う。貪欲に的中精度を追い求めてみよう。まだ日本一にもなっていないし、八寸的での百射皆中も達成していないのだから...。

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

①大三が始まってから弓返りが完了するまで下筋を使って左手の手首の軸を安定させる。
②引分けが始まったら下筋を使って右手の手首の軸を安定させ、矢筋がぶれにように親指の爪で矢を籐に押さえるイメージをもつ。
③両手首の軸を安定させながら矢筋に飛ばすイメージを持った離れを出す。



Comment:2  Trackback:0
2017
09.22

愛媛国体

Category: 弓道
『近的では1本も抜かない&遠的では30点を切らない』を目標にしていた愛媛国体だったが、近的では決勝トーナメントで1本抜いてしまい、遠的の予選でも30点を切ってしまった。こういう大切な場面でやらかしてしまう自分の的中技術は改善の余地がまだまだあるのだろう。

国体の決勝トーナメントの練習で、ある選手が下筋を使い掌根で押し込んで離れを出すのを見た。衝撃的な離れだった。帰ってきてから同じように押し込んでみたが、受ける手の内の自分には積極的に押す手の内は合わなかった。しかし角見で押し込む離れより安定するのはわかった。『下筋から掌根で押し出す』ことで絶対的な的中を出しやすい何かがあるのだろう。

今日注意したこと&試したこと&気付いたこと

①弓手…離れが始まってから弓返りが完了するまで手首の軸を安定させる
②馬手…離れの瞬間に矢筋がぶれにように親指の爪で矢を籐に押さえるイメージを持ったまま離れを出す


Comment:1  Trackback:0
back-to-top